FC2ブログ
全世界で禁煙運動が盛んな中、世の流れに逆行する内容で綴って参ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日のしがーは「ROMEO y JULIETA Romeo No.1(新版)」(ロメオ ィ フリエタ)です。
原産国:キューバ
一般呼称サイズ:
工場呼称サイズ:
全長:140.00㎜
直径:15.87㎜
リングゲージ:40
20090916 017
テイスティングノート
  着火前の葉巻から熟成されたようなコクのある香りが漂ってくる。着火後はやわらかな喫味の中に程良いコクを感じる。途中スパイシーな辛さを感じるがさほど前面には出ず甘味を引き立てる程度であった。次第に濃厚な喫味になってきたが終了間際まで荒れることなく終わった。
20090916 007
お供はカクテル「Frozon Daiquiri」(ダイキリ)です。
  このカクテルの発祥はラムの原産地キューバ。キューバのサンチャゴ近郊のダイキリ鉱山で働く坑夫たちが休息に楽しんでいた飲み物でキューバ産のラム、砂糖、ライムをしぼって飲んでいた物が基となっている。坑夫の中の1人でジェニングス・コックスというアメリカ人が鉱山の名前をとって「ダイキリ」と名づけたと云われる。また、ダイキリはかの文豪ヘミングウエイが好んで飲んだ代表的カクテルのひとつ。中でもハバナの旧市街にあるバー・フロリディータのフローズン・ダイキリを愛飲したことは、あまりにも有名である。それをヘミングウエイはダブルでつくらせて飲んだことから、パパのダブル、パパ・ドブレという愛称も付き、フローズン・ダイキリの名を広く世に知らしめた。通常のダイキリは、ホワイト・ラムとライム果汁、砂糖少々をシェイクしてつくる。これをシェイクせずミキサーでシャーベット状にしたのがフローズン・ダイキリである。しかし、バー・フロリディータでヘミングウエイのためにつくるパパ・ドブレは独自のレシピだったという。ラムとライム果汁は同じだが、さらにグレープフルーツ果汁とマラスキーノごく少々を使う。これらをクラッシュアイスと一緒にミキサーに入れ、ヘミングウエイいうところの「30ノットで驀進する船の舳先から砕け落ちる波」のように感じられるほど、よく撹拌する。そして大きな違いは砂糖抜きにして甘味を排してあることである。
20090916 020
スポンサーサイト

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ


管理者にだけ表示を許可する
http://ohigecigarman.blog118.fc2.com/tb.php/203-d6fd496c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 つれづれ…しがー手帖 all rights reserved.
プロフィール

ミスターおひげ

Author:ミスターおひげ
愛媛県

1967

ブログ内検索

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。