全世界で禁煙運動が盛んな中、世の流れに逆行する内容で綴って参ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日のしがーは「RAMON ALLONES Gigantes」(ラモンアロネス)です。
原産国:キューバ
一般呼称サイズ:ダブル コロナ
工場呼称サイズ:プロミネンテ
全長:194.00㎜
直径:19.45㎜
リングゲージ:49
20101105 014
テイスティングノート
 着火直後は甘い香りが立つ。珈琲やココア、豆などの香ばしさを含んだ甘味とともに旨味を感じる。次第にスパイスが効いてきて、深く強いコクも加わり、上質の強烈な味覚になる。このサイズで吸い込みが悪いと、吸い終わるまで散々な目に遭うが、吸い込みは良いだけに最後まで深い味わいを楽しめる。
20101105 002
お供はブランデーコニャック「COURVOISER NAPOLEON」(クルボァジェ)です。  
 華やかな香りと深くまろやかな味わい。飲み干した後は、余韻を楽しませてくれる。
 蒸留原酒は、2カ所の自社蒸溜所のものと、昔からの繋がりの深い数百の蒸留業者のものを使用。吟味して買い集めた蒸留原酒をトロンセやリムーザン産のオーク樽でじっくり熟成させる。新樽、古樽を使い分け、ブレンドの粋を尽くして製品化している。

  「COURVOISER」社は、フランス・パリでワインとスピリッツを扱っていたエマニュエル・クルボァジェが1805年にコニャック業者として創業。彼は皇帝ナポレオンと面識があり、自社のコニャックを献上したことがある。また、このコニャックはナポレオン3世の御用達にもなり、2人のナポレオンから愛飲された。そのため、いつしか「Le Cognac de Napoleon」(ナポレオンのコニャック)と呼ばれるようになった。現在ナポレオンという肩書きは、コニャックやフレンチブランデーに広く使われているが、最初に皇帝の名を冠したコニャックはこのクルボアジェである。同社は、20世紀に入ってから経営者が代わり、イギリスのシモン家がオーナーになったが、1964年、カナダの大手酒類企業「ハイラム・ウォーカー社」がイギリスのアライド・ドメックの一員となったため、同社はアライド系列となってる。
20101105 007
                      撮影協力:愛媛県四国中央市 カクテル・バー「MANHATTAN」
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
クリッ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
クリクリッ
スポンサーサイト

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ


管理者にだけ表示を許可する
http://ohigecigarman.blog118.fc2.com/tb.php/230-cf3a26d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 つれづれ…しがー手帖 all rights reserved.
プロフィール

ミスターおひげ

Author:ミスターおひげ
愛媛県

1967

ブログ内検索

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。