FC2ブログ
全世界で禁煙運動が盛んな中、世の流れに逆行する内容で綴って参ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日のしがーは「JOYA DE NICARAGUA Antano Robust Grande」(ホヤ デ ニカラグア)です。
原産国:ニカラグア
一般呼称サイズ:コロナ ゴルダ
工場呼称サイズ:―――――
全長:140.00�
直径:20.60�
リングゲージ:52
2010105 032
テイスティングノート  
 着火直後からスパイシーな辛さとコクが強く感じられる。吸い進むほどに強い喫味は増してくる。その強さの中に明確な甘さが出てくる。まだなお強烈になってくるが、苦味、エグミは感じない。吸い終わると、1本の葉巻をやっつけた達成感がある。
 焦げ茶色よりも濃く、ラッパーにワックスが施されているかのような艶やかさ。着火前も葉巻そのものの香ばしく良い香りがする。
2010105 061
お供はスコッチブレンデッドウイスキー「Hedges&Butler 12Years」(ヘッジス アンドバトラー)です。
 バニラや果実のようなやさしく甘い香り。優しくまろやかな口当たり。若干物足りなさを感じる。

 「Hedges&Butler」社は1667年に「エドモンド・ハリス」によってワイン商としてロンドンに設立された。以来300年を超える伝統をもつ。設立当時、国王チャールズ�世の命によってウイスキー蒸留に着手。それ以来ウイスキー生産が家業になったといわれる。チャールズ�世以降、同社がウイスキーを献上したのはウイリアム�世、ヴィクトリア女王、エドワード�世、ジョージ�世、エドワード�世、ジョージ�世と、ウイリアム�世以下のすべての王室にわたっている。まさに「英王室のウイスキー」だった。そのためかラベルには、すべて「ROYAL」の形容詞がついている。同社と王家との縁はイギリスだけにとどまらず、1886年にスペイン王室御用達、1908年にポルトガル王室御用達、1905年(明治38年)には日本の明治天皇にも献上され、「ROYAL」の名にそむかぬ貫禄を示している。また、ボトルに刻印してある会社設立の年「1667」の数字と、グリーンのボトル採用は昔も今も変わっていない。
2010105 049
             撮影協力:Restaurante y Bar 「SIBARIS」
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
クリッ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
クリクリッ
スポンサーサイト

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ


管理者にだけ表示を許可する
http://ohigecigarman.blog118.fc2.com/tb.php/274-dbc429e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 つれづれ…しがー手帖 all rights reserved.
プロフィール

ミスターおひげ

Author:ミスターおひげ
愛媛県

1967

ブログ内検索

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。