FC2ブログ
全世界で禁煙運動が盛んな中、世の流れに逆行する内容で綴って参ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日のしがーは「NAT SHERMAN 489Collection No.1」(ナットシャーマン)です。
原産国:ニカラグア
一般呼称サイズ:コロナ
工場呼称サイズ:―――――
全長:145.00㎜
直径:18.70㎜
リングゲージ:47
2010105 024
テイスティングノート  
  指での触感が堅く、強く押すとラッパーがバリッと割れそう。巻きそのものも締まっているようであったので吸い込みが悪いかな?と思ったが、ピアースのお世話にならずに最後まで吸えた。着火後最初は、外観から想像するよりも柔らかな味覚。次第に程良く荒くなる。若干の苦味が出る。野性的な葉巻。 
 「NAT SHERMAN」とはニューヨーク5番街に所在する1930年創業のタバコ店の名前。489とは「NAT SHERMAN」の店舗の所在地の番地。本店のリニューアルを記念して2008年に発表された葉巻。
2010105 011
お供はスコッチウイスキー「BENROMACH 10Years」(ベンローマック)です。
 まろやかなで軽い口当たり。木が焦げたような香りとかすかなピート香。
 
 1898年創業。蒸溜所はフォレスという町の北側にある。建物の設計はエルギンの建築家チャールズ・ドイグによるもの。17世紀のスコットランドに特有な高い切妻と狭い縦仕切のついた窓を特徴としている。レンガ造りの大きな煙突がシンボル。

 発酵漕はカラ松製が4基。ポットスチルは初留釜1基、再留釜1基の合計2基。2度の増改築にも関わらず、この程度の規模では小さすぎたのか、1983年には閉鎖された。その後1992年にエルギンの瓶詰業者ゴードン・アンド・マクファイル社がUD社から買収。1997年に蒸溜所の改修作業が開始され、1998年には2基の単式蒸留器が新たに設置され、同年10月15日に蒸溜所再開。2003年にはゴードン・アンド・マクファイル社傘下となって初めてのベンローマックがブレンド用途に供された。仕込水はフォレスの近くにあるチャペルトンの泉の水を利用している。
2010105 002
撮影協力:Restaurante y Bar「SIBARIS」
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
クリッ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
クリクリッ
スポンサーサイト

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ


管理者にだけ表示を許可する
http://ohigecigarman.blog118.fc2.com/tb.php/278-7151b64b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 つれづれ…しがー手帖 all rights reserved.
プロフィール

ミスターおひげ

Author:ミスターおひげ
愛媛県

1967

ブログ内検索

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。